THEO

【+18,687円(7.95%)】2018年9月から約1年間THEO(ロボアド)を利用してみてわかった、メリット・デメリット【体験談】

こんにちは、感服GRAMのひまむーです。

本日こちらがひまむーにとっての初記事となるのですが、

現在私が継続しておこなっている資産運用サービスの「THEO」が開始1年を経過しましたので、収支がどうなっているのかを画像つきで公開したいと思います。

 

早速ですが、結果はこちら↓↓

235,000円を積み立てて
【+18,687円(7.95%)】で253,687円となっております。
(※手数料は年率1%)

手数料の分を差し引いても利益は+7%程度ですね。
なかなかに悪くないのではないでしょうか。


細かい内訳はこちら↓

▼グロース(株式中心に運用)

▼インカム(債券中心に運用)

▼インフレヘッジ(実物資産中心に運用)

ここまで読んで「そもそもTHEOって何!?」「聞いたことあるけど具体的にどんなサービスなの?」という方もいらっしゃるかもしれないので、簡単に説明します。

THEO(テオ)とは

231通りの中から
 あなた専用のポートフォリオで運用

└診断結果をもとに、231通りの中から一人ひとりにあったポートフォリオで運用が行われます。値上がり益重視のグロースポートフォリオ、安定性重視のインカムポートフォリオ、インフレ対策重視のインフレヘッジポートフォリオという目的別の3つの機能ポートフォリオを組み合わせます。

世界86の国・地域にわたり
11,000銘柄以上に分散投資

└THEOのポートフォリオは、最大30種類以上のETF(Exchange Traded Fund=上場投資信託)から構成されています。細かく分解すると投資先は世界86の国・地域、最終的な投資対象は11,000銘柄以上になり、徹底的な分散投資を行うことでリスク低減を図っています。

過去のリターンはどれくらい?

└金融危機の直前、2007年からTHEOで運用したシミュレーションでは、短期的には元本を割り込む期間があるものの、長期的には1年あたり年率8.4%とプラスの試算結果が出ています。


んー、カタカナが多くて難しいですね。。

私なりの要約をいれると、
ワシらにおまかせしてくれれば、AI×プロの力で資産運用を円滑に進めるで(チャリンチャリン)」といった内容のサービスです、はい(たぶん)。

特に5つの質問に答えるだけで、
「ポートフォリオ(運用方針)」の設定を手助けしてくれるってのがいいですよね、投資初心者には助かる。

 
こちらはYouTube商品説明動画です。

▼THEO 紹介動画


((株)お金のデザインという、センス抜群のネーミングセンス企業が運営しております↗︎)



メリット・デメリット

約1年間THEO使っての感想ですが、結論から言うと「結構アリ」ですよ。
良い点は以下の3点ですね。

わずらわしさなし(1週間に一度くらいしかアプリを開きません)
UI/UXがシンプルで可愛い(意外と大事だったりします)
しっかり資産を増やしてくれている(今のところ)

(※お金のデザインさん、もっと増やしてくれてもいいんですよ?ニヤリ)

強いて言うデメリットは、
積立の引落としに2回連続で失敗すると、積立設定がOFFになる

という点がデメリットに感じましたかね。(実際に2回ほど体験しました)

これもユーザーファースト故の機能だとは思うのですが、そのまま(ONのまま)でもいいのでは?というより選択制でいいのでは?とは思ってしまいました。
(銀行口座に金がないひまむーが100%悪い件について)

加えて、「必ずお金が増える保証がない」という点もあるので、ほったらかし(短くても1年以上は出金申請を行わない)マインドで、ゆるーく運用していくぐらいが一番かと思います。
 
とはいえ、ひまむー個人としては
かなり「アリ」ですね。

(※より詳細にTHEOについて知りたい方は下記のホームページから目を通してみてください!)

THEO 公式ページ

今後の展望は?

これから1ヶ月ごとに「THEOの収支」をブログ記事にしようと思います。

また毎月13,000円を積立しているので、
来月は「266,687円(253,687円【現在額】+13,000円【積立額】)より増えているのか」というのが気になるところですね。

それでは!!