仮想通貨

【VenusCoin】スキャム?ナイトエンターテイメント用の仮想通貨VenusCoin(ヴィーナスコイン)を調べてみた!

こんにちは、ひまむー(@kanpukugram)です。

「あぁ、夜のお店でBTC払いできたらいいのになぁ…」

みなさん誰しもが一度はそう思ったことがあるでしょう。

実はその誰もが望む夢が叶ってしまうかもしれないんです!!!
その名もVenusCoin(ヴィーナスコイン)

このコインが使えるようになれば、ナイトエンターテイメント業界において仮想通貨払いが一般的になるかもしれないんです!
そこで今回はこのVenusCoinと呼ばれる仮想通貨について説明していこうと思います。

VenusCoinとは

VenusCoinとは2018年10月にエストニアで発行された仮想通貨です。
エストニアというと、政府が電子化を強く進めており最先端のブロックチェーン技術が進んでいる国です。

イーサリアムと同じ「ERC20トークン」であり、共通の事項が多くなっています。

VenusCoinのHPの文言を引用すると、

全世界約33兆円の市場規模、市場人口1億5000万人と言われるナイトエンターテイメント市場にて利用される予定のVenus Coin(ヴィーナスコイン)ですが2018年4月のプロジェクト開始以来、とてつもないスピードで進化を続けております。

などと十分期待できる要素が揃っていると言えるでしょう!

冒頭で前述したように、VenusCoinは「ナイトエンターテイメント業界」で使用することが目的です。例えば「夜のお店での支払い」「チップ(投げ銭)」などナイトエンターテイメントに関わることを包括的にまとめ、一貫して利用されることが彼らのゴールとも言えるでしょう。

実は既に日本ではエステ店で暗号通貨決済として利用されてます。

またVenusCoinの詳しい概要(ロードマップなど)については2019年の12月にあった講演会でCEOの千葉圭介さんが登壇されておりますので、そちらをみてみてください。

ひまむー
ひまむー
夜のお店は現金至上主義で、電子化はたしかに進んでいない傾向にあるよね。現に電子決済サービスも性風俗店での利用は禁止されているし。。VenusCoinがパイオニアとして頑張って欲しいなぁ。
赤ちゃん
赤ちゃん
なぜそんなに夜のお店に詳しいの?
ひまむー
ひまむー
……そこは触れないで

VenusCoinの購入方法

VenusCoinはひまむー調べですと、まだ取引所には上場しておりません。
いわゆる資金調達の段階です。

下記のURLから1口5万円で資金調達を行っているみたいですので、気になる方は一度のぞいてみると面白いかもしれません。

なぜVenusCoinは怪しいと言われているのか

VenusCoinと検索すると出てくるのは、しきりに「怪しい…」「スキャムだ」といった声です。

個人的には、その内容などが問題ではなく、VenusCoinの日本公式ページの色味のせいかなと感じました。

あんまり強くは言えませんが…背景の色に少し古臭さ胡散くささを感じ、仮想通貨やブロックチェーンといった比較的最先端なものとは相容れなさを感じてしましました。

ただこれは私もプロジェクト内容自体は素敵だと思っているからこその意見です。
VenusCoinそのものを否定しているわけではありません。

ひまむー
ひまむー
仮想通貨は内容だけではなくブランディングの部分も重要だもんね。華やかさを演出したいのはわかるんだけど、もう少しシンプルですっきりしたロゴだと嬉しいなぁ!

(※公式HPは下記から確認が可能です。)

VenusCoinへの声

Twitter上で様々な議論がされているVenusCoin。
ユーザーはどう感じているんでしょうか?様々な声がありましたので一部を抜粋します。

などと、比較的好印象な声が多かったです。
とはいえまだVenusCoinはまだ発展途上な側面があるので、期待も含めて応援している方が多いのだと思いました。

かなり特殊で差別化がはっきりしているコインが故に、今後の動向が見逃せませんね!

ひまむー
ひまむー
VenusCoin握り締めて、歌舞伎町に踊り出す、そんな人生悪くないよね?
赤ちゃん
赤ちゃん
あなたが言うと、かっこ悪く聞こえます

まとめ

いかがだったでしょうか?
男性諸君の夢をかなえるポテンシャルを秘めるVenusCoin、個人的に期待しております。
やはり個人的にはロゴブランディングの部分を洗練できると、面白い打ち出し方ができるんじゃないかなと思っています!

良ければTwitter(@kanpukugram)のフォローもよろしくお願いいたします!
ではでは!!